ダイアリー 英検受験

【英検準1級】つなぎ言葉で長文攻略(受験まで31日)

更新日:

昨日、長文読解問題で現実の厳しさを思い知りましたが、その後、あと2問解いてみよう!と思ってトライしたら全問正解できました。

Mayu

結構いけるんちゃう!?

そう思い、更にもう1問解いてみたところ、3問中1問しか正解できずガッカリ。まだまだ正解率が安定していません。

ここでふと、「つなぎ言葉を改めて覚えた方が良いな」と感じていたことを思い出し、つなぎ言葉を集中的に勉強する事にしました。

つなぎ言葉とは?

つなぎ言葉とは主には接続詞で、文と文を繋ぐ言葉のこと

例としては以下のようなものが挙げられます。

  • however(しかし)
  • meanwhile(一方で)
  • therefore(したがって)
  • in addition (さらに)
  • for instance(例えば)
  • for one thing(~のひとつとして)
  • likewise(同様に)
  • in other words(言い換えると)
  • in fact(実は)

つなぎ言葉は、長文問題を読んでいると頻繁に目にします。もちろんある程度は覚えていますが、何度も目にしているはずなのに「あー、これ、なんだっけな~」と、毎回意味が思い出せないものもいくつかあります。

例えば、私の場合は「In spite of(~にもかかわらず)」が、何度目にしてもなかなか覚えられません。

そこで今日は、英検準1級リーディング問題にリストアップされていた「つなぎ言葉」を使って作文していくことにしました。

今回の挑戦で『作文しながら英単語を覚える方法』が私にとっては最適な勉強法であることが分かりました。ただ、この勉強法の問題は、「自分が作った文章が正しいかどうか分からない」という事です。

そこで、「In spite of 例文」というような言葉で検索して、色々な例文を見ながらアレンジして作文するという方法で勉強をしています。

DMM英会話がめっちゃ使える!

覚えたい単語を使って作文をする、という作業を行う上でDMM英会話は色々な例文が紹介されていてとても使えます。

今日も「In spite of 例文」で検索したら、以下のページが出てきました。逆説のつなぎ言葉が色々紹介されています。

つなぎ言葉を覚える作業は長文読解問題を解くうえで、かなり直接的に役に立つと感じます。また、長文読解問題だけではなく、語句の選択問題でも必ず何問かは出てくるし、英作文でも必要になります。

と言う訳で、改めてつなぎ言葉を頭に入れてから長文読解問題に再チャレンジしたら、読む速度がアップした事を実感しました。また文章を繋ぐ言葉が明確に分かる事によって「反対の事を言っているのか」「追加の情報を足しているのか」「否定しているのか」「結果について話しているのか」など文章の展開がしっかりと理解できるようになるので、他の単語がいくつか理解できなくても正解率が上がる事も実感しました。

今日の勉強の感想

試験が迫ってきて、「やらなきゃ!」という思いが強まっているのですが、それが義務感ではなく「楽しい」という気持ちに代わってきている事を、ここ数日感じています。

長文も「問題」として解くとなると分からない単語がたくさん出てきたりしてすぐにギブアップしたくなるのですが、ある程度スムーズに読めるようになると意外と興味深い事が書かれていて、文章そのものを楽しんで読むことができるようになってきます。

つなぎ言葉を改めて整理して、覚えていなかったものをしっかりインプットした事によって長文読解問題と作文は行けそうだな、と感じました。

Mayu

ツメが甘いのが私のダメなところ。合格が見えて来たところで油断せずに、この調子で残り31日間、ベストを尽くすぞ!

-ダイアリー, 英検受験

PAGE TOP

Copyright© Mayu’s Diary , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.