【英検準1級】長文読解問題攻略法(受験まで32日)

5月30日の英検準1級の受験日まで、あと32日となりました。

Mayu

だんだんと焦る気持ちが高まっています!このペースでは間に合わない。

ボキャブラリーの強化と並行して、長文読解のトレーニングを重ねています。

長文を読むのは意外と嫌いではないし、子供の学校からのお知らせはすべて英語なので日常的に英語で書かれた文章を読む事も割と良くあるのですが、やはり試験の長文はきっちりと対策しないと正解率が上がらない事を痛感しています。

今回の受験で私が単語の勉強のために購入したのがこちら。

英検分野別ターゲット 英検準1級リーディング問題 改訂版 (旺文社英検書) 

英検分野別ターゲット 英検準1級リーディング問題 改訂版 (旺文社英検書)

編集:旺文社

【内容紹介】
41長文で読解問題を徹底攻略!
英検準1級のリーディング(長文読解)問題に特化した対策書です。

とりあえず、数をこなそうと思って買ってみたのですが、巻頭に英検の長文問題攻略法がかなり詳しく丁寧に書かれていて、ものすごく実用性の高い問題集だと思いました。

長文問題の読み進め方のコツ

限られた時間の中で、英文を読み、内容を理解したうえで正しい回答を選択する事は簡単ではありません。

英検準1級リーディング問題では、「最初に文章に対する見通しを立てる事で攻略する」という読み方が紹介されています。

長文問題の読み進め方のコツ

  1. タイトルを読む
  2. 設問と選択肢をざっと見
  3. 段落をひとつ読む
  4. 改めて設問と選択肢を見る

当たり前と言えば当たり前ですが、タイトルを読む事で「何について書かれているのか」を想像する事が可能になりますよね。

Mayu

タイトルにいきなり知らん単語が出てきて、「うわ、この問題終わった…」ってなる事もあるけど。

次に設問と選択肢を見る、という事ですが、著者曰く「設問には必ずキーワードが含まれているので、そこに注目」するのだそうです。

設問と選択肢に目を通したら、段落をひとつ読みます。そして、改めて設問と選択肢を見て、正解を見つけ出すのが一連の流れとなります。

早速試してみた!

タイトルは:The Rembrandt Collector

Mayu

出た!タイトルにいきなり知らん単語が出てきて、「うわ、この問題終わった…」ってなるやつ!Rembrandtってなんや?

次に選択肢は…

  1. promote mutual respect
  2. balance his investment portfolio
  3. increase art appreciation
  4. encourage a belief in God

あー!Rembrandt=画家のレンブラントね!オッケー、オッケー。(art appreciationという単語でタイトルの意味を理解できました。)

なるほど、レンブラントの絵画のコレクターの話ね。という感じで早速文章を読み進めていきます。

Mayu

えー!嘘みたいに理解できるー!楽勝やん!!!

…とはならず、難しくてぼんやりとしか理解できない…。

それでもどうにか最後まで読んで、答え合わせをしてみた結果…3問全部不正解!やばい!!!!!

あと約1か月で、間に合うのか激しく不安が募るけど、やるしかない。頑張れ、私!

書籍の概要

英検分野別ターゲット 英検準1級リーディング問題 改訂版 (旺文社英検書)

★★★★☆(3.9点/5点中)

著者:旺文社
出版社:旺文社
ISBN:978-4010948538
出版日:2018/8/8
紙の本の価格:1,980円
※税込価格(2021.4.28現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です